yoniichi’s diary

ひとりごとにしたい

いじめの解決策

僕が関わっている中学生に
不登校になりかけてるやつがいる。

別の生徒から聞き出したところ
軽いいじめが起こっているらしい。

直接の悪口や暴力とかかないタイプのいじめ。

教師に気付かれないやつ。

というか原因作ったことも
わかってないだろな。

よくある。

発端は

ちょっとした友人関係のトラブルだった。

俺の彼女と仲良くするなだの
そんなつもりじゃないだの

よくある言い合いだな。

どっちが悪いとかじゃなく
価値観の違い。

しかし

教師がそこで

「それは○○が悪い」と
決めつけてしまった。

あろうことか、クラス全体がいる場で。

良い悪いではなく
別の価値観もあるというだけの話を。

教師が、その価値観を認めなかった。

こうなると終わり。

同じ人間ではなくなる。

悪いやつだから何してもいい
風潮になる。

その免罪符も与えられた。

こうして不登校になりつつある
現状ができた。



こうしたときの応急処置はひとつ。

矛先を変えればいい。

矛先を教師が受ければいい。

生徒が救われるために
教師が犠牲になればいい。

もし下手をうって教師が潰れても
生徒は救われる。

その方が、まだマシだろ?


ちなみに教師へ矛先を移すには。

「先生が間違ってた」と
謝るようでは駄目だ。

庇う形になるし
いじめたやつが悪い、と言ってるようなもの。

これではむしろエスカレートする。

いじめられてた○○くんは悪くない。

いじめたみんなも悪くない。

すべて、○△先生が悪い!

こうする。


さきの生徒にやったことと同じ状況で、

別の教師が思い切りスケープゴート
「お前が悪い」と言う。

それを生徒に見せて、矛先を向けていい存在にする。

「おまえのせいだ!○○くんが
可哀想な目に合った、おまえが悪い!」

と。

いじめについては言わない。

いじめていたやつが悪いとかもなく
すべて○△先生が悪いことにする。

なんなら○☓先生がああいったから
いじめないといけなくなった、

くらいがいい。

そうして教師がいじめられればいい。

もちろん、

その教師の授業は崩壊するだろう。

けどそれはスケープゴートの役割。

ほとぼりが冷めるまでは
あえて崩壊させておけばいい。

そしてほとぼりが冷めきった頃に
学年を移ればいいだけだ。

教師には逃げ道がある。

生徒にはない。

なら教師が受ければいい。

それで教師が死んでも

生徒が死ぬより、マシだろ。

てかわざといじめられるだけの役割で
ダメになるなんて

人として弱すぎるだろ。

それこそ、

そんな未熟な大人のせいで
いじめが起こったんだろ。

いじめを起こしてしまった
責任の取り方として

潰れるのが相応しくないか。